塗膜防水

常温で液状のものを混合撹拌して塗り広げ、硬化させて防水被膜を形成する工法です。

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水とは
液状の防水材を塗布する工法です。複雑な下地の形状にもなじみやすく水密性の高い連続した被膜が得られます。
塗り重ねが可能で改修工事で多く採用されています。

施工状況

ポリマーセメント系塗膜防水

ポリマーセメント系塗膜防水とは
エマルション樹脂(主剤:液体)とセメント系パウダー(硬化剤:粉体)を調合し撹拌して、
下地に塗り重ねて塗布する工法です。火気を使用せず施工することができ、湿潤な状態でも施工ができます。

 

施工状況

改質アスファルト系塗膜防水

改質アスファルト系塗膜防水とは
塗膜防水材とシートの併用による複合型の防水工法です。
火気を使わないので、引火や煙、臭気や中毒の危険性もないので、
室内などの密閉された環境でも防水施工に採用できます。

 

施工状況

FRP防水

FRP防水とは
ポリエステル樹脂にガラス繊維を組み合わせて塗布する工法です。
軽量で耐久性、耐水性も非常に高く堅い材質で傷がつきにくいです。

施工状況

▲ ページトップへ